環境問題と生活がテーマ

0

    2019年度から新しく海山ecoが始まります!

     

    海山ecoとは、環境問題を生活に沿って考え体験する海山シリーズです。

     

    各活動で多面的な考えや意見を紹介し、まずは知るところから始めます。そして、それらを一方的に押し付けることはなく「色々な考え方や選択肢があるなか自分は何を選択するか」を考え、行動する事が海山ecoのゴールです。

    小学5年生から中学3年生と言う多感な時期に多くの知識を吸収し体験する事で大人になった時、自身にとって理由のある選択ができるようになります。

    その理由のある選択をする事が将来、地球で生きていく上でのマナーとなるかもしれません。

     

    今年度、海山ecoでは年間4回の活動をします。

     

     

    5/26・マイクロプラスチック[逗子]

    沢山ある石油由来製品が何らかの経緯で海にたどり着き、海洋生物に影響を与えている事や、その影響は回り回って人間社会にも影響が出ている事等を知ります。

    また、我々が生活している地域だけではなく、普段見えない地球では何が起きているのかを知ることも大切です。その後、ビーチに行き実際に石油由来の物を集めワークショップを行います。

     

    9/8・リペア[もあな]

    物を大切に長く使う事は、元々日本人の得意とする一面でした。しかし、消費社会が主流となっている現在、直して長く使う事は歴史の一部になりつつあるように感じます。長く使う事でその物に愛着が湧き必然的に物や人間を大切に出来るようになります。

    活動では実際に直したいものを持って来てもらい、リペア(修理)をします。また、簡単なリペアスキルを習得してもらえると思います。

     

    11/17・ゼロウェイストクッキング[もあな]

    そもそもゴミを出さない。ゴミとなるものを極力購入しない。と言うゼロウェイストの考え方を体験します。

    ゴミがない方がいいのか?ゴミがあった方がいいのか?ゴミとは何か?からスタートします。クッキングを通して普段の買い物がどのように地球に影響を与えているのか?そこから個人の単位で何ができるのか?を考えます。

     

    2/15−2/16(1泊)・フォレストリー[山北町]

    神奈川県の水源林である山北町にて、どのように家に水が届くのか?を林業家の方の話を聞きながら体験を通して紐解いていきます。森を守る事は生活水を確保する事はもちろん、野生生物と人間とがお互い安心して生活出来る事でもあります。野生生物と森と人間の丁度いい距離等を地元の猟師の方から話しも聞ける内容です。

     

     

    もあなキッズ自然楽校オリジナルで学校では学べない・経験できない事でいっぱいの活動です。

    詳しく聞きたい方は是非当法人までお問い合わせください。

    TEL:045-342-8389 

    FAX:045-511-8222

     


    << | 2/2PAGES |

    小学生対象
    海山キッズ(週末日帰りプログラム)


    神奈川県周辺の海や山のフィールドを使い、小学生が海や山の自然を身近な存在に感じてもらえるよう、週末に開催している自然体験プログラムです。横浜市営地下鉄センター北駅から出発し、日帰りで磯遊び、スノーケリング、里山散策、カヌー体験、トレッキングなどを行います。
    HP: 海山キッズホームページ

    小学生対象
    冒険キャンプ(宿泊プログラム)


    冒険キャンプでは、都会から離れた大自然の中で「生きる力」を学びます。共同生活の中で仲間としての協調(チームビルディング)やリーダーシップを育み、ともに遊び、助け合うことを大事にしています。少人数制のキャンプなのでスタッフのケアも充実しています。
    HP: 冒険キャンプホームページ

    最新の記事

    カテゴリ

    過去ログ

    リンク

    PR

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM